soede.net


Home arrow News arrow Fidel's Pre-school Olympathon
Thursday, 21 November 2019
Main Menu
Home
News
Poker
John
Cricket Nets
Holz Hausen Experiment
For Sale
Yard Equipment
Archives
Blog
Old Site Links
Search
FAQs
Contact Us
Newsflash
Fidel's Pre-school Olympathon PDF Print E-mail
Written by Kay Soede   
Thursday, 13 September 2012

ザックの学校のオリンピックは、ロンドン・オリンピックより前に行われたので、ザックは前回のオリンピックのことなど全く覚えているわけなく、学校のオリンピックの時にはわけわからずに参加していた感じでした。テレビでは、今回初めて、オリンピックを見た感じです。普段、学校に行く前にテレビをつけることなどないし、帰って来てからも、水泳かサッカーが毎日あるので、それに出かけて、帰って来てお風呂、夕飯、宿題、就寝・・・と、テレビを全くつけない家ですが、オリンピックの期間中は、朝だけ毎日テレビがついていました。普段は朝ごはんを食べて、歯磨きしたら、しまじろうをやるのですが、この期間中はTVを見ながら朝ごはんを食べることが許され、毎日、いろいろなオリンピックの種目を見ながら、いろいろな国、いろいろなスポーツがあることを学びました。国旗もすぐに覚え、特にオーストラリアと日本の国旗にはかなり敏感に反応し、その2カ国があまり姿を現さない陸上競技ではなぜかジャマイカを応援していました。(笑)

 

オリンピックの水泳を見て、とっても良かったことは、自分がプールに入って泳いでいるときに、どうしたらいいか、学べたこと。オリンピックの水泳だと、水中カメラを頻繁に写すので、フォームがよく見えるわけです。なので、フリースタイルと背泳ぎはとっても上手になったザックですが、平泳ぎとバタフライがいまいち理解できていなかったところ、オリンピック選手達を見て、あ~やって泳ぐんだ~!と理解できたようです。

 

開会式では、国の名前と旗を勉強すると同時に、地球儀をくるくる回しながら、その国がどこにあるか学んだりもしました。知らない国が出てくると、母は困りましたが。(苦笑)一般に知られている国は、だいぶ覚えましたよ~!今度オリンピックがやってくるときには、ザックは10歳、フィデルは7歳になっているので、もうすっかり理解できる頃でしょう。

 

さて、前置きが長くなりましたが、このロンドン・オリンピックと同じ時期に、フィデルの幼稚園でオリンパソンというものが行われました。以前、ザックがやったものと同じですが、名前だけオリンピックに引っ掛けて。(笑)単なる障害物競走ですが、「競走」はしないんです。みんなできちんと並んでくるくると障害物コースを回るだけ。(笑)

 

なんせ、真冬ですから、まずはウォームアップを教室内で行います。

 

 Image

 

外に出て、何をするのか説明。このときに、前に遅い子がいても、無理やり追い越そうとしないように注意されました。広くなっているところで、追い越せる場所もあるから、そこに行くまでは、我慢して着いていくこと・・・と。

 

 Image

 

コースの3分の1くらい、ビデオに収めましたので、良かったらご覧ください。フィデルの後ろは、以前ザックの親友で、今フィデルの親友のクルーズです。

 


 

時間が経つと終了。そして、メダル・セレモニーもあり、みんなメダルがもらえました。

 

  Image

 

これは、1週するとスタンプ1個押してもらえるので、終ってから、自分が何週したか確認できる表です。ザックは1年目は7周、2年目は8周だったので、フィデルも一緒かな?

 Image

Last Updated ( Thursday, 13 September 2012 )
 
< Prev   Next >
Design by Joomlateam.com | Powered by Joomlapixel.com |