soede.net


Home arrow Blog arrow Christmas 2011
Monday, 03 August 2020
Main Menu
Home
News
Poker
John
Cricket Nets
Holz Hausen Experiment
For Sale
Yard Equipment
Archives
Blog
Old Site Links
Search
FAQs
Contact Us
Newsflash
Christmas 2011 PDF Print E-mail
Written by Kay Soede   
Wednesday, 25 January 2012

晴れの日はお出かけすることが多く、家のことが全然進まないのですが、今年はこちらは冷夏で、雨の日がすごく多く、数日前から毎日雨の予報なので、昨日、今日は家でおとなしくしています。・・・と言っても、1月中は息子たちが、水泳の集中コースをやっていて、火曜日から金曜日、毎日泳いでいるので、それには出かけていますが。それも、今週で終わりです。来週から1学期スタート!!そして、今日はディナーゲストがあるので、その準備もあります。

 

さて、お約束どおり、今日はクリスマスの報告をします。今まで、クリスマス、というと、うちでひっそり過ごすことが多かったのですが、実は、それはザックが赤ちゃんのときに、デビちゃんとデビちゃんのお父様が大喧嘩して、ほとんど縁を切っていたためでした。周りの人にも、あんなに仲の良い親子は見たことがない、と太鼓判を押されるくらいの大親友だったせいか、喧嘩してしまうと、それもかなり度がいってしまい、仲直りしよう、させよう、とするたびにこじれて、どんどんエスカレートしてしまい、かえって何もしないほうが無難、といった具合に、連絡を取らなくなって5年。去年の7月に仲直りができないまま、デビちゃんのお父様は他界してしまいました。具合が急に悪くなって、デビちゃんは病院にかけつけて数時間はいたのですが、会ってもらえないまま・・・。本当に残念でした。

 

デビパパのお葬式のときに、デビママはフィデルと初のご対面。そうです、デビパパは、フィデルにも会わないまま他界してしまったのでした。せめてもの救いは、亡くなるちょうど1ヶ月ほど前に、ザックのプリスクールで祖父母の週、というのがあり、みんなのおじいちゃん、おばあちゃんが、自分たちの孫のプリスクールでの生活を見学できる、という行事があったので、招待状を出してあり、それには、2人そろって来てくれていた事でした。ザックがこの2人に会ったのは、赤ちゃんのとき以来なので、もちろん、覚えているわけなかったのですが、自分に会いに来てくれた、というだけで大喜びで、すぐになつき、いろいろやって見せてあげたようです。そのときに撮った3人の写真がデビパパ生前最後のものとなりました。なので、お葬式のときに実は、お別れを言いにきたことをザックに伝えたら、それも理解してくれました。

 

それ以来、デビママとは自然の流れで仲直りし、今はシドニー在住なのですが、ザックのサッカーを見に来てくれたり、フィデルの誕生日パーティーには参加してくれたりしました。今回は、デビママにとって、デビパパなしでの、初めてのクリスマスだったわけで、こっちでは、クリスマスは家族で集まる行事なので、不安でいっぱいだったようです。あとから、聞いたことですが、子供たちがいたおかげで、かなり気がまぎれたようで、(そりゃぁ、悲しい思いをする暇もないわな・・・。笑)、散々お礼を言われました。

 

始めは、うちに集まることになっていたのですが、数日前に、体力に自信がないと連絡があり、私たちのほうから出向いていくことになりました。クリスマス当日の高速道路は、日本のお盆のようにかなり混み合うので、私たちは、家を7時に出発することにして、帰りも夜遅く帰ってくることにしました。この作戦は大正解でした。まったく渋滞にはまることなく、行きも帰りもスムーズでした。ただ、あまりに早く出てしまったので、デビママの家に、8時半には到着してしまいました。

 

それから、息子たちは、日本の家族や友人から送ってきた数々のプレゼントの山に埋もれ、さらに、私たちからだけでも4,5個ずつあるプレゼントも加え、デビママやロブからのプレゼントも加わり、プレゼントの数々に埋もれまくっているのに、「開けちゃだめ」と言われて、かなり不機嫌な状態。(笑)

 

 Image

 

ご機嫌取りに、ロブがいっぱい遊んでくれました。フィデルの丸焼き?!(笑)

 

 Image

 

プレゼントを開けるのは、家族全員そろってから・・・と話していたのですが、キリ(デビちゃんの妹)が待てど暮らせど到着しないので、さすがにかわいそうになって、家族以外、友人からいただいたプレゼントは開けてさせてあげました。さっちゃん、あすかさん、ありがとう~~~!さっちゃんから送ってきた、はさみやセロテープ、定規やえんぴつ削りなどが組み込まれた筆箱は大ヒットで、これから学校を始めるザックが毎日喜んでもって行くアイテムとなりそうです。あんなすぐれたものは、こっちにはないし。(笑)他は幸い、ゲーム系だったので、これでしばらく時間がつぶれました。カードを綺麗に並べるザック。

 

 Image

 

その横で、チェッカーのコマにシールを真剣に貼るフィデル。これは、結構集中力を要する作業なのですが、3歳にしては、かなり手先が器用で、ちゃんとはみ出ずに全部のシールを貼り付ける作業をこなしていました。

 

 Image

 

先ほども言ったとおり、今年は冷夏なのですが、毎日雨降っている中、クリスマス当日だけは晴れました。おかげで、デビママのお庭にあるプールを楽しむことができました。裏庭の様子。

 

 Image

 

でも、さすがに、水は冷たいらしく、温水プールに慣れている息子たちはなかなか入ろうとしません。ザックはそれでも少し泳いでいましたが、フィデルはプールサイド専門でした。(笑)デビちゃんとロブが思いっきり遊んでいて、「大きな子供」。ザックとフィデルが大きくなったときのことが見えるようでした。(笑)その様子はビデオでどうぞ!

 

 

 

 

 

「プールで遊ぶの楽しい人~?」「はいっ!」クリスマス数日前に到着した松ねぇが、いっぱいプールで遊んでくれました。松ねぇ、どうもありがとう~~~!

 

 Image

 

まだプールで遊んでいる間に、キリが来ました。すでにランチ前だったので、キリは皆に顔を見せることなく、そのままキッチンへ。キリが来るまでは、残りのプレゼントは開けない約束だったので、そのまま先にランチを食べました。スダ家のクリスマスはランチがメインで、のんびり時間をかけてランチを食べて、夜にはあまりおなかすいていないので、残り物を少しつまんで終わり、といった感じ。この日のランチも豪華でした~!おなかすいていたので、写真は、またすっかり忘れてしまいましたが。(笑)

 

前日、クリスマス用のケーキを焼いたり、サラダを作ったりして、夜遅くまでおきていた私は、当日も朝が早かったので、すっかり寝不足。ランチを食べたら、フィデルと一緒にお昼寝しに行きました。その間に、ザックはプレゼントを少し開けさせてもらえました。デビちゃんがビデオで様子を撮っておいてくれました。

 

 

 

ロブからのプレゼントが大ヒット!!!この反応が嬉しいですね~~~!フィデルも起きてきてから、まずロブのプレゼントを開けました。

 

 

この無反応さは、同じ兄弟かしら??と笑ってしまいます。でも、一番気に入ったプレゼントだったんですよ~!大きなトラックに、ミニカーがたっぷり収納されるもので、22台ものミニカーを詰めてプレゼントしてくれたのでした。そういえば、私が子供のころに家族でクリスマスに集まったときに、一番楽しみにしていたプレゼントは、秀おじちゃんからのものだったのをよく覚えています。「おじちゃん」っていうのは、子供の心をよく理解してプレゼントを選んでくれるものなんですね~!!!

 

軽く夕食を済ませてから、デザートに、待ちに待ったジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)の時間~!まずは、食べられてしまう前の様子をビデオにて。

 

 

みんなが食べている様子もビデオでどうぞ。人数が多いから、あっけなかったわ~~~!その場で全部くっついているお菓子はなくなり、ばらばらになった家が半分くらい残る程度でした。

 

 

 

今でも、「今度はいつジンジャーブレッドハウス食べれるの~?」とザックが聞いてきます。今度のクリスマスだよ、って答えると、それがどんなに先の話かしっかり理解していて、「そんなに先の話~~~?」と文句言えるまで成長しましたよ。(笑)

 

帰る直前に、家族みんなで、松ねぇのカメラのタイマーを使って写真撮影。はい、チーズ!

 Image

 

Last Updated ( Wednesday, 25 January 2012 )
 
< Prev   Next >
Design by Joomlateam.com | Powered by Joomlapixel.com |