soede.net


Home arrow News arrow Good News Week 2011
Sunday, 20 September 2020
Main Menu
Home
News
Poker
John
Cricket Nets
Holz Hausen Experiment
For Sale
Yard Equipment
Archives
Blog
Old Site Links
Search
FAQs
Contact Us
Newsflash
Good News Week 2011 PDF Print E-mail
Written by Kay Soede   
Friday, 11 February 2011

先日、ちらっと書きました、このGood News Weekという教会のイベント、ザックが生まれる前は、ボランティアとして、シドニーからお手伝いに来て、現地でキャンプをしている人たちに料理をしていました。その年によっても違いますが、40名前後。この人たちに、朝ごはん前から準備して、夕御飯の後の片づけまでを3,4人でしてあげていたわけですが、だいたい朝の6時半くらいから、夜の8時半くらいまで、間で足りない食材などを買出しに行くのと、自分たちで食事をするのを除いては、ほとんどキッチンに立ち通しの日々を過ごしました。私以外は、キッチンに立つ人たちも、みんなシドニーからお手伝いに来てくれていました。このときに、多人数に料理をすることを学んだ、と言えるでしょう。(笑)ただ、私の場合は、変なプライドがあり、単に大人数に料理するだけでは自分を許せないので、毎回、食べる人たちがうなるような美味しい食事を作ることに、かなり力を注いでいました。でも、予算があるため、手抜きをせず、全部自分たちで作り、「~の素」などは一切使わないで作っていたので、(使ったところでオイスターソースくらいかな?笑)毎年、ちゃんと予算内でできていましたよ~!

 

前置きが長くなりましたが、ザックが生まれてからと言うもの、もちろんそんなことできるわけないので、ボランティアはリタイヤして、参加側になっていました。あとは、自分の子供が預けられているテントで人数が少ないときは、お手伝いをする程度かな?でも、今年は、毎日、誰かしらお友達が参加してくれたので、一緒にのんびりさせてもらいました~!

 

というのも、子供を預けるのには、1人$4かかりますが、それだけ払ったら、2時間以上もの間、子供から解放されます。そして、大人は別のエリアで、冷たい飲み物から温かい飲み物、お茶菓子などがどんどん出されて、それは全部ただなのです!毎日、テーマの違うお話などもありますが、これも結構興味深いものがありました。月曜日は、先日御飯を食べに行ったギンジェル家のスージーがスピーカーだったのですが、彼女は小児科の先生なので、小さい子を持つ母としては、一番興味がありました。トイレトレーニングなどの話もあり、これからフィデルをトレーニングするにあたって、良いアドバイスもありました。

 

火曜日は参加した人たちがそのまま、うちへ流れてきて、一緒にここでランチをして、午後ものーんびり過ごして帰って行き、そのままほとんどが水曜日にまた参加。子供を預けたことない人たちが、初めて子供を預けてみるのに、最適の場所でもありました。なんせ、長い時間ですが、歩いて1分以内のところに親がいるわけですから、何かあったり、泣き止まなかったら、呼びにこれるので。

 

水曜日は、イベントが終わってから、さえちゃんの家に流れました。さえちゃんは、ここから10分くらいのところに住んでいるのですが、以前お邪魔したことはありませんでした。おいしいランチ、どうもご馳走様でした~!ランチのときに、ナゲットとポテトボールに飛びつく子供たち。

 

 Image

 

暑い日だったので、プールを膨らませてくれて、子供たちも大喜びでした~!

 

 Image

 

集合写真~!

 

 Image

 

月から金の午前中だけのイベントなのですが、金曜日は夜にもジャズナイトというジャズの野外コンサートがありました。自分で勝手にピクニックのものを持って行き、ジャズを聴きながら、食べながら、のんびりする~、というものです。愛美さんは、これに来るのをすごく楽しみにしていたのですが、なんとカイくんが高熱を出してしまい、断念。私たちはチキン&チップスを持参して、ビールとチーズ&クラッカーを家から持っていきました。のんびりと食べていると、くみちゃんがさーやちゃんとにーなちゃん連れて登場!にーなちゃんが3時間もお昼寝をしてしまったそうで、エネルギーを消費してもらわないと・・・と、急遽来ることにしたそうで。

 

 Image

 

あら?この2人、なんだかちょっといい感じ?フィデルの腕がニーナちゃんの肩にまわっている部分だけは、松ねぇの「やらせ」だそうですが、これは雰囲気もいい感じ!(笑)

 

 Image

 

子供たちの面倒を見てくれたリーダーたちが、このときも、子供たちの相手をしてくれていたので、ザックはチッピーだけ食べ終わったら、ほとんど姿を見ることがなく、遊びまくっていました。フィデルは、行ったりきたり。女の子達は、結構音楽を楽しんでいて、踊ったりもしていました。これは、ソニヤのところのイザベラが踊っている様子。

 

 Image

 

そして、最終日の日曜日は、朝一で教会があり、そのままファミリー・フェスティバルとなりました。ここでは、BBQでランチが食べられるほか、子供が喜ぶ、フェイスペインティングや、ジャンピング・キャッスルなども出ていました。そのほかに、教会のメンバーの1人が自分のへびを連れてきていて、それを順番に触らせてくれたりもしました。ザックは一番乗りで蛇を肩にかけてもらっていました。

 

 Image

 

病み上がりのカイくんとミナちゃんを連れて、お父さんのウィリーが登場。なんと、今度は愛美さんがダウンしてしまったそうで・・・。散々でしたね~~~!カイくんも、蛇と一緒に~!

 

 Image

 

「私も、私も~!」まじですか?!フィデルと2日しか誕生日が違わず、しかも女の子のミナちゃん、たくましいことで有名ですが、今回もやってくれました!フィデルでさえ近づかない蛇にしっかりつかまっていました。(笑)

 

 Image

 

フェイスペインティングをしてもらったロータスくんも~!

 

 Image

 

みんな、楽しい1日・・・、いや、1週間が過ごせて、良かったね~~~!母たちも、すっかり楽させてもらいました~!母同士でゆっくりお話もできたし、幸せな時間でした~!1週間で終わってしまったのが残念。(笑)年に2,3回やってくれたらいいのに、というコメントも耳にしました。また、来年のお楽しみ~~~!

 

 

 

 

Last Updated ( Friday, 11 February 2011 )
 
< Prev   Next >
Design by Joomlateam.com | Powered by Joomlapixel.com |