soede.net


Home arrow Blog
Friday, 20 September 2019
Main Menu
Home
News
Poker
John
Cricket Nets
Holz Hausen Experiment
For Sale
Yard Equipment
Archives
Blog
Old Site Links
Search
FAQs
Contact Us
Newsflash
A blog of all sections with no images
Jake & Lauren's Wedding - Ceremony PDF Print E-mail
Written by Kay Soede   
Sunday, 08 April 2012

前回の報告のときに、言いましたが、今回の報告は、前回と同じ2月4日の報告。クルーズの誕生日の後は、ばたばた走り回るべく用意をして、子供たちを松ねぇに預け、デビちゃんと私は、ハンターバレーへ向かいました。友人の結婚式参加のためです。この友人は、教会の友人カップルですが、旦那の方は、クリスの奥さん、タレーナの弟。奥様のほうは、デビちゃんの部下のジェイムスの奥さん、カイリーの妹。中が良いグループの中のカップルなので、みんながつながっている感じ。(笑)教会の仲間は大きな家族のようなものですから~!いつも、みんなで助け合ってるし、笑いも泣くのも、みんなで一緒にやってます。そんなに心を許せる大家族が何十人もいるのは幸せなことです。

 

・・・と話がそれましたが、ジェイク&ローレンの結婚式。ジェイクはもともと、ロデオでオーストラリアのチャンピオンになった人。ローレンは、私たち母のグループがバイブル・スタディーをしている間、子供たちの面倒を見てくれる責任者になってくれているほか、友人の家族、ハリソン家のナニーもしています。大学生なので、勉強との両立も大変だと思いますが、なんせ、子供の好きな2人なので、うちの息子たちのベビーシッターもやってもらったことあります。結婚したら、今後は、自分たちの子供を6人くらいは欲しいそうです!考えられん!!!ま、若いから全然楽勝でしょう!

 

式と披露宴は、あらこがメンバーになっているオーガニックワインのワイナリーで行われたので、ちょこちょこ行っているから、場所も迷わずにすぐ行けました。今まで、ティスティングに行っている限りでは、全く見えないこのエリア、どんなところで式が行われるんだろう・・・と思っていましたが、とーーーっても素敵な中庭に面したバルコニーで行われました。新郎のジェイクとベストマンのクリス、グルームズマンのみんなが新婦を待っているところ。

 

 

 

新婦到着。まずは、ローレンがナニーをしている、ハリソン家の双子の片割れの男の子、コーローと、ローレンのお母さんの入場。

 

 

 

そして、その次に、双子のもう片割れの女の子、タズマンと、もう1人のナニーであるヘレンの入場。

 

 

 

その後、次々と、6人のブライズメイドが入ってきたのですが、全員分載せていたら、きりがないので、やめました。新婦、お父様と一緒に入場。

 

 

 

新婦の後姿。このドレス、後ろのひらひらがとーーーっても素敵でした!

 

 

 

式の最中、デビちゃんはビデオ係だったので、バルコニーのフェンスの外から、下に落ちないようにフェンスにつかまりながらビデオを撮っていました。(他に良い場所がなかったため。)

 

 

 

ローレンがジェイクに指輪をしているところ。

 

 

 

キスは超短かったので、カメラに収めることができて、大満足の私。(笑)

 

 

 

式はさすがに長くて、子供たちはずっとじっとしていられないので、途中でおじいちゃんが散歩に連れて行っていました。

 

 

 

なんだか、おとぎ話の中のワンシーンのようで、とっても素敵でした。

 

 

 

ブライズメイド、やっぱり6人もいると華やかですね!ローレンのお姉ちゃん(一番右)だけが、ブロンド!目立ちました。

 

 

 

ジェイク&ローレン、ご結婚おめでとうございます!末永くお幸せに~~~!!次回は、披露宴の様子を報告します。

 

 
Cruz's Birthday Party PDF Print E-mail
Written by Kay Soede   
Wednesday, 04 April 2012

前回の報告と同じ週の土曜日、24日の報告。この日は、ものすごぉ~く、あわただしい日だったので、朝から、かなりストレスを感じていました。報告も数日に渡ってします。

 

まず、今日報告するのは、午前中からランチにかかって行われた、ザックのプリスクールの友達、クルーズの誕生日パーティー。年が、ちょうどザックとフィデルの間なので、去年はプリスクールでザックとよく遊びましたが、ザックは卒業して、クルーズはまだあと1年プリスクール。そこへフィデルが入園したので、フィデルはいつもクルーズに遊んでもらっています。・・・ということで、クルーズのパーティーには2人とも招待してもらいました~!

 

会場である自宅へ着いたら、まずはヘア・スプレーでファンキーになりました。(笑)

 

 

 

こっちはフィデル。ピンク(赤?)のほかに、ラメも入っています。

 

 

 

ここの家は息子3人いて、クルーズは末っ子なので、お母さんはもうパーティーゲームはすっかり慣れています。これは、銅像ゲームと言って、音楽が流れている間はダンスしていないといけないのですが、音楽が止まると同時に、動きもピタ!と止めないといけなくて、少しでも動くとそこで退場。

 

 

 

なんと、この銅像ゲーム、優勝したのは、最年少のフィデルでした~!これは、おまけでもなんでもなくて、大人がみんな見ている中で行われて、フィデルが一番うまかった!びっくり~~~!!!こんな大きなロリポップもらっても、親としては嬉しくないんですけど。(苦笑)

 

 

 

いくつかゲームをした後、いきなり背の順に並ばされたところ。やっぱりフィデルが一番チビちゃん。(笑)でも、クルーズ、2番目。(笑)こうやってみると、ザックは背が高く見えますね。ま、年下の子のパーティーですから、当たり前か。(笑)

 

 

 

実は、この背の順に並んだのには、理由があって、裏庭に隠してある、お菓子探しのゲーム、小さい子の方が不利だから、という理由でした。フィデルが一番最初に探しに行ってよくて、その10秒後にクルーズが走り、そして、その10秒後に次の子・・・と言った感じ。よく考えてあります!!これが、みんなが裏庭に行って探している様子。おかげさまで、フィデルもしっかりお菓子を、握り締めた紙袋に詰めることができました~!

 

 

 

クルーズとお母さんお手製のバースデーケーキ。この周りに散らばっている、石ころみたいなのは、実際に見てもしっかり石ころに見えますが、石ころに似せて作ったチョコレート。お菓子を食べさせない私は、こんなものの存在さえ知りませんでした~!

 

 

 

いつものことですが、「ケーキの時間!」と言うと、すぐに子供たちが集まってきます。クルーズの右と左がお兄ちゃん。そっくりでしょう~?(笑)

 

 

 

ろうそく、ふ~~~っ!ハッピーバースデー、クルーズ!!!

 

 

 

べとべとになりながら、ケーキをおいしそうに食べるフィデル。このところ、ザックはあまりケーキは食べなくなったので、パーティーに行っても、一口だけ食べて終わったりしますが、フィデルは、まだ行けるパーティーの回数が少ないからか、たまにしか食べられない甘いもの、残さず食べています。(笑)

 

 

 

実は、この直後にばたばたと家へ走って帰り、午前中、サーフィンに行った後に、家で待機してくれていた松ねぇに息子たちのベビーシッターをお願いして、私たちは、ほんの10分後くらいに、友人の結婚式参加のため、ハンターバレーへ向かいました。この結婚式は、素敵な写真がいっぱいあるので、次回の報告にしますね~!かなりの量の写真を選びぬいたり、縮小したりしないといけないので、報告するまでに時間かかるかもしれませんが、(明日が今学期学校最終日だし~!)心配しないでくださいね~!!!

 

Last Updated ( Wednesday, 04 April 2012 )
 
Enzo's birthday get together PDF Print E-mail
Written by Kay Soede   
Monday, 02 April 2012

しばらぁくご無沙汰してしまってごめんなさい。ちょこちょこ、覗いてくださっていた方、本当に申し訳ありません!ここ1ヶ月ほど、デビちゃんが豚インフルエンザになって、私に移ったり、ザックが風邪引いて、フィデルに移り、それが治った頃に、ザックがとびひをもらって帰って来て、1週間、学校も水泳やサッカーも全てお休み・・・という究極の事態に陥ったり・・・いろいろありました。やっとみんな回復に向かったところで、ザックの誕生日パーティーの準備があり、忙しくしておりました。ザックとフィデルは100%健康、デビちゃんと私もあとは咳を残すのみ、となったので、どうぞご心配なく!

 

さて、報告のほうは、前回報告した、ザックの学校初日と同じ日、学校にザックを送りに行った後、の報告。なんだか、2ヶ月遅れの報告なので、ちょっと時差がありすぎますが・・・。日本人ママ仲間のよしこさんのところのEnzoくんが、お誕生日、ということで、エリナにある室内プレイグランドに集まり、みんなでお祝いしました~!まだ松ねぇがいるので、どれだけ遅い報告かわかっていただけるかと思います・・・。(苦笑)

 

 

 

えんちゃんのケーキはお母さんのお手製、ロボットケーキ!子供の好きなお菓子がいっぱいくっついていて、とってもカラフルで子供たち、大喜びでした!

 

 

 

嬉しそうに身を乗り出すえんちゃん。愛美さんのところのミナちゃんと一緒に。

 

 

 

なんと、カップケーキもありました~!素晴らしい!よしこさん、お疲れ様でした~!えんちゃん、お誕生日おめでとう~~~!

 

 

 

実は、今度の金曜日から2週間、スクールホリデーです。なので、子供たちは毎日家にいることになり、これからどこへ連れて行くか検討しないといけないので、また、報告が怠るかもしれませんが、気長にお待ちくださいませ~~~!

 

 

 
Zac's First day at BIG school PDF Print E-mail
Written by Kay Soede   
Monday, 12 March 2012

131日、火曜日。とうとう、今度はザックが小学校に通い始めました。とは言っても、こっちの小学校は年長さんから始まるので、(学校の環境に慣らせるため。)正確には年長さんになっただけなのですが、週5日、9時から3時まで、しっかり通い始めたわけです。ザックの学校は、この年長さんのみ、最初の5週目まで水曜日がお休み。はじめから丸5日だと体力がもたない子供たちが多いので、学校によっては、最初の週、5日通わせるけれど、半日で終わる、といったところもあります。

 

朝、玄関先で、元気良く、「いってきまぁ~す!」

 

 

 

前日のフィデルのプリスクールもそうですが、学校も例外に漏れず、こちらでは、入学式、入園式なるものがありません。なので、とりあえず、送っていって、先生に引き渡したときに、校長先生のお話がちょびっとあったのですが、なんと私たちは、朝、しっかり渋滞にはまってしまい、ほとんど聞きそこないました。キンディは3クラス。各クラス22名の生徒がいるので、ザックのクラスも男の子11名、女の子11名。担任の先生が迎えに来た時に、自分の担任がわかっている子はほとんどいませんでしたが。(笑)これは、ザックのクラス。先生は一番のベテラン先生だそうで、しっかり怒ってもらえそうな先生で良かった。(笑)左側にぽつんっと立っているのがザック。ちょっぴり不安そう?

 

 

 

でも、もともとフィデルと違って、ザックはその場の状況に順応しやすいタイプなので、学校に行きたくない、とかいうことは一言も言わず、逆に、昨日からちょっと皮膚の病気で今週一杯学校に行けないことがわかったときに大泣き。学校に慣れない心配は全くなかったので、親孝行でした。

 

ザックの学校の制服は2種類あります。制服と体操着なのですが、体操のある日はその時間だけ着替えるのではなくて、体操着で1日過ごします。ザックのクラスは、月曜日、火曜日、金曜日が体操着の日。体操着の日の方が多いところが笑えるのですが。私はこっちの制服の方が好き。動きやすいだけでなく、ザックにもこっちの方が似合うと思います。普段はこの上着は着ていませんが、ちょっと寒い朝だったので。

 

 

 

それでは、さっと学校の紹介をします。こちらに来たことある方は覚えているかと思いますが、エリナフェアーというショッピングセンターがあります。ザックの学校は、うちからだと、そのショッピングセンターを通り越して、さらに10分くらい走ったところにあります。なので、車だと30分。ザックは先日紹介した、近所のお姉ちゃんたちに連れて行ってもらって、すでに行きも帰りもバスに乗っていますが、このバスだとラッシュの真ん中を通っていくので、行きは50分くらいかかるそう。帰りは40分くらいで帰ってきます。間の道、今工事中で、この工事が全て終わるにはまだ数年かかりますが、それが終わったら、両側全て2車線になるので、そしたら、もうちょっと通学時間が短くなることと思います。でも、私立の学校で、その通勤時間は、ちょろい、ちょろい。スクールバスに座ってるだけですから。私のときは、電車、乗り換えてまた電車、乗り換えてバス、といった感じで、片道2時間近くかけて通学していましたから~!初めてバスに乗ったときの様子をビデオに収めましたので、どうぞ!

 

 

学校に着くと、まず真正面に見えるのがこの建物。日本でいう体育館ですが、同じ建物内に、家庭科に使われるキッチンなどもあることからか、「多目的センター」という名前がついています。

 

 

 

そしてそのすぐ右側に見える事務所。

 

 

 

キンディー(年長)の教室。3つ並んでいますが、一番手前の右側のクラスが、ザックのクラスです。カイくんは、去年、その向こう側のクラスで、ワトソン家のサラは、同じく去年、そのまた向こう側のクラスだったので、知っている友人2人いて、3人が3人とも違うクラスに違う担任!

 

 

 

キンディーには、トイレがついています。やっぱりまだ我慢することに慣れていない子達が多いし、トイレが比較的遠いので、賢明だと思います。ちょっと離れたところにある小学生のトイレと水飲み場。手前が女子、奥が男子。

 

 

 

キンディーの教室の正面にあるプレイグランド。

 

 

 

その2。

 

 

 

そして、ちょっと離れたところにある3つめのプレイグランド。

 

 

 

売店。私は私立の学校に通っていましたが、売店と言うものは存在しなかったので、このシステムがいまいちよくわかっていなくて、この前、ボランティアで働きに行ったときに、そのメニューの多さにびっくり!朝一番で、自分がランチに食べたいものを紙袋に自分のクラスの番号と名前と一緒に書いて、お金を中に入れて売店に持っていくと、ランチの時間に当番がバスケットを取りに来て、そのバスケットの中に、各クラスのランチオーダーが入っている、というもの。午前中は、ひたすらそのオーダーをまとめて、あくせくとランチを作りました。そして、休憩時間とランチの時間だけ、売店の窓が開いて、その間、飲み物や、クッキー、スナック類、アイスなどを買うことができるようになっています。

 

 

 

いつもいるわけではないので、たまたまタイミングが良かったのですが、学校のバス。このバスは1クラスしか乗れないので、学年みんなで遠足とかに行くときには使えませんが、近くのプールに水泳のレッスンに行ったりとか、少人数での行動にはとても役に立ちます。

 

 

 

この学校は12年生(高校3年生)までいるので、これから、フィデルも無事ここに入学して2人とも卒業したら、これから15年、お世話になります。不安や期待がいっぱいありますが、これから、「学校ママ」(と学校へ通う子供を持つ母のことをこちらでは言います。)として、頑張りま~~~す!!

 

 

Last Updated ( Monday, 12 March 2012 )
 
Fidel's First day at Pre-school PDF Print E-mail
Written by Kay Soede   
Friday, 09 March 2012

130日月曜日。とうとう、フィデルがプリスクールに通い始めました。ここ数年、ザックをプリスクールに送っていくたびに、自分もそこに残る~~~と言って大泣きしていたフィデル。「やっと」自分もプリスクールに通うことができるようになった~~~!といったところです。朝、家の玄関先で。

 

 

 

プリスクールの正門前。こんなものがあったことさえ、きっと今までは気づいていなかったことでしょう。(笑)

 

 

 

中に入ったら、今までザックがやってきたのを見ているので、自分で、フルーツをモーニングティーのバスケットに入れ、お弁当箱を冷蔵庫に入れます。バックパックをロッカーへ持って行ったところまでは良かったのですが、笑えるのが、ザックのロッカーをしっかり覚えていて、そこに自分のバックパックをかけたこと。フィーくんのは、フィーくんのがあるんだよ~、と言って、フィデルの名前を表から見つけ出して、「車」の絵を探させて、ロッカーを見つけさせました。2日目以降は、ちゃんと間違えずにそっちに持っていっています。

 

早速大好きなプレイドゥで遊び始めました。初日は半日だったのですが、クラーク家のへーミッシュもいたことから、全て順調だったそうです。

 

 

 

2日目は丸1日。なので、お昼御飯もみんなで食べて、お昼寝の時間もありました。金曜日だったことから、私がザックを迎えに行って、リトルキッカーに連れて行かなくちゃいけなかったので、お迎えは早めに行ったら、まだ1人だけ寝ていました。(笑)しっかりマットレスからはみ出て、爆睡中。(笑)このまま車に移動して、そのままリトルキッカー中もずっと寝続けましたよ~~~。(笑)

 

 

Last Updated ( Friday, 09 March 2012 )
 
Meeting Zac's bus buddies PDF Print E-mail
Written by Kay Soede   
Wednesday, 07 March 2012

129日日曜日。スクールホリデーの最終日。火曜日からとうとう学校に通い始めるザックを、一緒にスクールバスに乗せて連れて行ってくれる、同じ教会に行く、近所の家族のところに顔合わせをしに行きました。

 

ザックの学校はキンディ(年長)から、12年生(高校3年生)まで同じキャンパス内にあるので、ここの家のお姉ちゃんたちはすでに中高生ですが、一緒に連れて行ってもらえるので、とっても助かります。ザックの通い始めた学校は、私立のキリスト教の学校ですが、うちの教会からは、もう1つ、キリスト教の学校があって、位置的にはそちらの方が近いので、私立に行かせるのであれば、そちらに行かせようと始めは考えていました。

 

近くの公立の学校があまりにも、すごい人数(1学年7クラス)だったということと、そこでは、キンディの1学期中、毎週先生が変わること(全員の先生が、全員の生徒を覚えるためだそう)などを考慮して、そこへ行かせるのはやめました。

 

今の学校を選んだ理由としては、ザックの英語がかなり遅れていた去年の今頃決めなくてはいけないことだったからでもあるのですが、学校の、勉強について行けない子に対するサポートがものすごくしっかりしていたこと、また逆に、科目によって、学年よりできる子は、上の学年の子達と一緒に勉強できたりすることも魅力的でした。そして、スポーツや音楽にかなり力を入れていることもありますが、私にとっての一番の魅力はやっぱり、「日本語」が必須科目であったことです。

 

他の日本人ママの話を聞いていると、やはり、小学生になると、お友達とすごす時間がものすごく長くなることから、英語ばかりの生活になり、家に帰って来ても、全部英語で返事をするようになる、とのことを聞いていました。今後も通信で日本語の勉強は続けますが、それ以上に「やる気」を出させるのに、学校で日本語の授業があることは、とっても良いことだと私は考えたわけです。

 

もちろん、そのほかにも、うちの教会を見ているだけでも、ここの学校に通っている子供たちは、飛びぬけてよい子達ばかり。知っている人で、「私もあそこを卒業した」という大人を見ても、素晴らしい人ばかりで、今のところ、例外なく良い人たちばかりなので、学校に対してもかなり信用ができたわけです。

 

・・・と、前置きが長くなりましたが、顔合わせのときの様子としては、午後、お茶の時間にお邪魔し、ちょっとおしゃべりしながら、お兄ちゃん、お姉ちゃんたちと遊んでもらい、バスに乗る場所まで散歩しに行ったりしました。ここの家はとっても素敵な家。特別大きいわけではないのですが、建築家の人が建てたのかと思わせるような素敵な家です。ザックが、お兄ちゃんたち(ここの家の子は1人ですが、同級生が1人遊びに来ていました。)に混ざってスケートボードを始めたら、はまってしまい、大喜びで、ずーーーーーと同じところで遊んでいました。(笑)ビデオで様子をご覧ください。

 

 

フィデルも真似をしたいのですが、ちょっと坂は怖いので、平らなところで、お尻の変わりに、お腹をのっけて動き始めました。誰も教えてないのに~~~!松ねぇと私は大笑い。こっちもビデオでどうぞ!

 

 

 

 

ダディも何十年ぶり?にスケボーに乗ってみました。ザックにぶつかられそうになって、ひっくり返りそうになって危なかった~~~!サーフィンだったら、水に落ちれば済むことですが、コンクリートに上半身から落ちたら、痛いぞ~!

 

 

 
<< Start < Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next > End >>

Results 61 - 70 of 664
Design by Joomlateam.com | Powered by Joomlapixel.com |